コラム Column

選択理論を探求する 家庭やビジネスなど、様々な分野での選択理論の活用を探ります

なぜいつもアイデアが浮かぶのは、ふとした時なのか

その他 2015/04/03

会社のデスクにかじりついて、新しい企画をずっと考えていたのに、

結局良いアイデアが浮かばず、あきらめて帰宅。

明日にしようと思っていたら、帰り道や入浴中、トイレに入ったときなど

気を抜いた時にふとアイデアが思い浮かんだ、なんて経験はないでしょうか?

 

一生懸命になって考えれば考えるほど出てこないアイデア。

しかし、一見なんでもないような時に、アイデアが思いつくことがあると思います。

選択理論心理学によると、人には求めるものが得られないときに

新しいアイデアを生み出す「創造性」を活用する能力が備わっているといわれています。

 

例えば、「いつでもどこでも音楽を聴きたい」という欲求を満たそうと

携帯音楽プレイヤーがうまれましたし、

「その日の疲れを次の日に持ち越したくない」という思いから入浴剤がうまれたりと、

この「創造性」の力が多くの偉大な発展を創り出してきました。

 

このように大きな発明でなくても、日常生活で創造性が働くこともあります。

例えば車両点検などで電車が止まってしまったときに

「どうやって会社にいこう」と別の道を考えるのも創造性の働きだといえます。

創造性とは、頭の中にある情報(記憶)を組み合わせて、最善の行動を創りだす働きです。

実は、この創造性は、意識的であれ無意識的であれ、どのようなときにも働いているのです。

ふとした時にもアイデアが思い浮かぶのは、作り出したいもの、欲しいものがあるときに、

この「創造性」が無意識のときにも働いているからなのです。

 

では、どうすればこの「創造性」をうまく活用し、

新しいアイデアを生み出すことができるのでしょうか?

そのポイントは、「何をしたいのかが明確であること」です。

言い換えると、自分の上質世界が明確でないと、

それを手に入れようとする「創造性」の力が働かず、

普段通りの行動を繰り返すだけで、新しいアイデアを生み出すことができないといえます。

  

こんな企画はどうか、あんな企画はどうかとあれこれ考え続ける取り組みが「創造性」を刺激し、

ふとした時に、「これだ!」と思えるアイデアが思い浮かぶ土台になっているのです。

 

参照:

『ビジネス選択理論能力検定 2級・準1級公式テキスト』 P47. 創造性

コラム一覧へ戻る

用語紹介

選択理論10の原理
選択理論の10の原理とは、グラッサー博士の主張する、外的コントロール心理学を選択理論に置き換えるための考え方をまとめたものである。この原理を通して、私たちはより個人の自由を再定義し、より多くの自由を手にできる。 (1)私たちがコントロールできる行動は唯一自分の行動だけである。(2)私たちが与えるこ...
一覧を見る