日常での応用範囲

選択理論の応用範囲 ~特に役立つ4分野~

選択理論はよりよい人間関係を築くための心理学であるため、
人間関係があるところであればどこでも応用可能です。
その中でも、私たちにとって特に身近で、誰もが良い人間関係を築きたいと願っているにもかかわらず、
うまく関係を築けていない4つの人間関係をピックアップしました。
これらの範囲において、選択理論は特に有効であるとされています。

用語紹介

柿谷正期
元 立正大学心理学部教授。 臨床心理士。 精神保健福祉士。 日本カウンセリング学会認定カウンセラー。 日本選択理論心理学会会長。 選択理論、リアリティセラピーの日本での第一人者であり、ウィリアム・グラッサー協会認定シニア・インストラクターでもある。著書「幸せな夫婦になるために」(いのちのこ...
一覧を見る