日常での応用範囲

ビジネス~無難な人間関係では高い成果は望めません~

ビジネスの場面で選択理論を応用したものを「リードマネジメント」と呼びます。 従来のボスマネジメントは、上司が部下の達成すべき成果を決め、部下に指示を与えて動かすものです。これに対し、リードマネジメントでは上司が率先して模範を示し、部下の自主性を伸ばします。

心理学によるマネジメントの比較

ボスマネジメントでは、部下は上司の要求基準以上の成果を出そうとしませんが、リードマネジメントの使われる職場では、上司と部下がひとつのチームとして、常により高い成果を出す努力をします。そのため成績は向上しやすくなります。

結婚・恋愛での活用 家庭での活用 学校での活用

もっと選択理論について知りたい方

グラッサー博士の選択理論 - 幸せな人間関係を築くために
夫婦・親子・教師と生徒・マネジャーと従業員との上質な人間関係のあり方を明解に説き明かす。

幸せを育む素敵な人間関係
米国の精神科医、ウィリアム・グラッサー博士が提唱する選択理論を分かりやすくまとめた本書。

用語紹介

知覚のレベル
選択理論において、「知覚が高い」・「知覚が低い」という表現が使われる場合、『個人による解釈がどれくらい加わっているか』ということを意味する。知覚が高い:個人の価値観がより反映され、意味付け・解釈がなされている知覚が低い:意味付け・解釈を行わず、ありのままを捉える...
一覧を見る