日常での応用範囲

家庭~身近な人との関係ほど、意外に難しいものです~

就寝時間や帰宅時間を親子間で争ったり、育児の方針について嫁姑間で争ったりするなど、家庭内の人間関係に問題を抱える方も多いと思います。選択理論はこうした人間関係の問題にも非常に有効です。
選択理論では、「(自分の)正義」よりも常に人間関係を優先することを考えます。
選択理論では、良い人間関係を築くためには、自分の考えを押し付けることも、自分が全て我慢することも間違っていると考えます。

心理学による考え方の比較

相手を信頼し、支援したり交渉することで、互いに満足した人間関係を築くことができます。

家庭での活用 ビジネスでの活用 学校での活用

もっと選択理論について知りたい方

グラッサー博士の選択理論 - 幸せな人間関係を築くために
夫婦・親子・教師と生徒・マネジャーと従業員との上質な人間関係のあり方を明解に説き明かす。

幸せを育む素敵な人間関係
米国の精神科医、ウィリアム・グラッサー博士が提唱する選択理論を分かりやすくまとめた本書。

用語紹介

上質
上質とは以下のように定義される。 1、温かい人間関係の中で生まれる 2、強制のないところから生まれる 3、自己評価から生まれる 4、そのとき最善のもの 5、いつでも改善できるもの 6、役立つもの 7、気分の良いもの(しかし、破壊的でないもの)...
一覧を見る