日常での応用範囲

結婚・恋愛~心理学をもとに「ふたりの幸せ」を研究~

ケース #001

夫が定年退職しずっと家にいますが、すぐ不機嫌になります。
これまで我慢してきましたが、最近はイライラが収まりません。

定年退職した60歳の夫(智さん)と二人で暮らしています。夫は趣味も友達もなく、朝早く起きて食事を待っています。そしてすぐ機嫌が悪くなり口をききません。私は気弱なため、黙って過ごしてきましたが、最近はイライラし、日用品や食べ物にあたって、気持ちを晴らしてしまいます。その時はすっとしますが、すぐに後悔してしまいます。そんな自分が嫌でたまりません。
涼子さん(55歳)

カウンセリング例C:カウンセラー 涼:涼子さん

C:
今日はどのようなご相談でみえられましたか?
涼:
夫が退職して家にいるんですが、すぐ不機嫌になり話もしなくなるんです。私もイライラし、物にあたったり、食べ物を投げ捨てたりしてしまい、悩んでいます。
C:
なるほど。夫には変わって欲しいと思いますか?
涼:
はい。夫のイライラでこっちまで迷惑しています。
C:
涼子さんは、本当はどんな老後の生活を望んでおられたんですか?
涼:
夫婦仲良く穏やかな気持ちで毎日を送りたかったんですが、あの夫とでは無理です。
C:
ご主人はもう変わらないと思っておられるんですね。もしご主人が変わらなかったら、涼子さんは別居とか離婚とかを考えたりされるんですか?
涼:
そうするしかないのかなぁと思ったりするんですが、経済的なことを考えると踏み切れません。
C:
そうですね。今別れたら、まだ何かできることがあったかもと後悔されるかも知れませんね。涼子さんが望んでいる夫婦が仲良く穏やかに暮らせるようになるお手伝いをさせていただこうと思いますので、その方向でご一緒に取り組むということでよろしいですか?
涼:
はい、お願いします。
C:
では、いくつかの質問しますので、ゆっくり考えてお答えくださいね。涼子さんは誰の行動をコントロールできますか?
涼:
・・・自分のです。
C:
この結婚の問題点を一言で言うとどんな事ですか?
涼:
・・・コミュニケーションが取れず、言いたい事が言えない事です。
C:
この結婚の良いところは何ですか?
涼:
良いところ、ですか?なんと言っていいのか・・・
C:
どんなに小さなことでもかまいません。カウンセリングというのは、言いにくいことでも言ってみる場所ですから。
涼:
夫が頑張って働いてくれたので経済的には困っていません。
C:
この一週間でこの結婚を良くするために涼子さんができる事があるとしたら、それはどんな事ですか?
涼:
自分が不幸なのは夫のせいと思っていましたので、自分が何かすることで結婚を良くできるなんて思っていませんでした。
C:
何もせず、我慢をしていると基本的欲求が満たされなくて不健全な行動を取ってしまいます。夫の行動にかかわらず、涼子さんの思考と行為をより良い夫婦関係を築くことに向ける事は可能です。
涼:
夫のせいで・・・とつい考えてしまうのですが・・・
C:
表現を変えて、夫のお陰で・・・と考えると何かありますか?
涼:
子どもたちに教育を授け、今も不自由なく暮らしているのは、夫が一生懸命働いてくれるお陰です。
C:
そう考えると、ありがたいと思うわけですね。その事をご主人に感謝されたことはありますか?
涼:
当然のことだと思っていましたし、今さら恥ずかしくて言えません。
C:
では、この一週間はありがたいと思い続けるだけでいいかもしれませんね。そして涼子さんがいい形で欲求充足できることを見つけて楽しんでください。
涼:
はい。頑張ってみます。

実践的なカウンセリング能力を身につける
選択理論心理学とリアリティセラピーの手法を学ぶ

結婚・恋愛のケーススタディ一覧へ戻る

もっと選択理論について知りたい方

グラッサー博士の選択理論 - 幸せな人間関係を築くために
夫婦・親子・教師と生徒・マネジャーと従業員との上質な人間関係のあり方を明解に説き明かす。

幸せを育む素敵な人間関係
米国の精神科医、ウィリアム・グラッサー博士が提唱する選択理論を分かりやすくまとめた本書。

用語紹介

自律を促す質問
自律を促す質問とは、以下の3つの質問のことである。これを用いることで、批判することなくより高い成果を目指しやすくなる。(1)あなたのしたことでよかったことは何ですか?(2)もう一度同じ機会が与えられたら、どこをどのように変えますか?(3)私に手伝って欲しいことがありますか?...
一覧を見る