「奇跡の学校 Rochester School 訪問記①」 WGI国際カンファレンス2018

奇跡の学校 Rochester School 訪問記①

180603ogp

奇跡の学校 Rochester School

大学へ進学をする生徒全員が国内トップクラスの大学へ合格。不登校の生徒は一人も存在しない。いじめが発生しても、生徒が自分たちで解決し、すぐに無くなっていく。
そんな奇跡のような学校が、この世界に存在することをご存じでしょうか。今回のWGIの開催地コロンビアにあるRochester Schoolという学校が、その奇跡の学校です。
なぜRochester Schoolはこんなにも素晴らしい成果を創り出すことが出来ているのでしょうか?
その答えについて、私たちWGI視察メンバーが現地で入手した情報を、本レポートを通してお伝えしていきたいと思います。

Rochester Schoolってどんなところ?

Rochester Schoolは、世界有数のクオリティスクールと言われています。
クオリティスクールとは、ウィリアム・グラッサー博士の提唱する「選択理論心理学」を基にした、強制や批判のない学校のことで、世界に約30校存在すると言われます。
Rochester Schoolはその中でも先進的な取り組みを数多く行っており、様々な表彰も受けている学校です。
幼稚園から小学校、中学校、高校まで存在しており、全体で約1000名もの生徒が在籍をしています。
1959年に創立された当初はクオリティスクールではありませんでしたが、今回のWGIの主催者であるJuan Pablo Aljure氏が経営者として経営に携わり始めてから、2013年にクオリティスクールとして認定を受けました。

Rochester Schoolの実績

続いて、Rochester Schoolの実績をご紹介します。
Rochester Schoolは様々な機関から表彰を受けていますが、その中でも特筆すべきは「LEED」と「Simon Boliver Medal」という表彰です。

LEED(Leadership in Energy and Environmental Design)とは、自然環境に配慮した建物の設計をしていることを評価した表彰です。
(The LEED system is a building certification system created by the USGBC (United States Green Building Council), which is acknowledged as the one of greatest acceptance and implementation worldwide)

また、日本の文科省にあたるコロンビアの国の機関(Ministry of Education)からも表彰を3回受けています。
(Simon Bolivar Medal, granted by the Ministry of Education three times to Rochester School for its leadership in education)

180628-03

Rochester Schoolの素晴らしさは、このような表彰だけではありません。学業の成績や、進学率、不登校の生徒の数などにも表れています。
コロンビア国内の一般的な教育事情として、金銭的な理由から大学進学を諦める生徒が全体の60%~70%ほどいると言われています。
その状況の中でRochester Schoolでは、高校を卒業する生徒のうち、大学進学を希望する生徒全員が国内トップクラスの大学に進学をするそうです!
さらに驚くべきことに、Rochester Schoolには不登校の生徒は1人もいません。生徒は学校が楽しくて仕方がないのです!
また、いじめの問題が発生しても、生徒たちが自ら考え話し合っていくことで、自然と解決されるそうです。
こういった事実を見ると、日本の学校では考えられないほど素晴らしい実績を創り出していると言えるでしょう。

これらの背景にあるものは?

なぜRochester Schoolは、これほどまでに素晴らしい結果を創り出すことができているのでしょうか。
その背景を探るため、WGI視察メンバーは実際にRochester Schoolを訪問し、施設の見学、先生や生徒、生徒の親へのインタビューを実施しました。
そこで分かったことは、… これらの背景には「選択理論心理学」があったということです。
私たちは今回の視察を通して、「選択理論心理学の効果性」と「教育への具体的な適用方法」を目の当たりにしました。 いよいよ次回レポート記事から、その内容について具体的な事例や写真を交えて、余すところなく配信していきます!ぜひ楽しみにお待ちください!

▼Rochester School紹介動画
WGI国際カンファレンス2018一覧へ戻る

用語紹介

集中上級講座
選択理論の理解とリアリティセラピーの手法を学ぶ世界共通のトレーニングプログラムのうち、トレーニングの最終段階にあたる講座です。米国では認定講座とも呼ばれており、10人で32時間が費やされます。15分程度のプレゼンテーションが参加者全員からなされ、高度なロールプレイが求められます。...
一覧を見る