用語集 Words

リアリティセラピーにおける3つの原則

Glossary

リアリティセラピーにおける3つの原則

リアリティセラピーは次のような原則を基盤にしている。 

1. 人は自分自身の行動に対して責任がある。 社会や遺伝や過去のせいではない。
2. 人は変わることができる。また、より効果的な人生を送ることができる。
3. 人は一つの目的をもって行動する。すなわち、彫刻家が素材を彫るように、 
  自分の環境を操作して自分の欲している心のイメージ写真に近づけようとする。

更新日: 2014年12月13日

用語集一覧へ戻る

用語紹介

ウィリアム・グラッサー
医学博士1925年米国オハイオ州生まれ、ウエスタン・リザーブ大学医学部で博士号修得。精神医療の新しいアプローチ『リアリティセラピー』で広く影響を与えると共に、精神科医として幅広く活動。公教育に関心を持ち、教育で上質を追求する改革を試み、『クオリティ・スクール』を著した。...
一覧を見る